QLOOKアクセス解析

実際に貸金業者の店頭へ赴き、対面で気恥ずかしさを感じながら融資を依頼する選択もアリ。

手にするお金が借金だと身体で理解できる

消費者金融などが登場する以前は質屋が民間の金融機関でした。質屋に質草を持ち込み、その持ち込んだ品物の価値だけ、現金を都合してもらう機関が質屋です。

当然、質屋に入店する際には誰かに目撃される可能性がありますし、質屋の店主と対面し質草を鑑定してもらう手間もあります。桂歌丸師匠は、無名時代に質屋を利用した話を落語に取り入れ、その気まずさを笑い話に変えておられましたが、現代はその気恥ずかしさも感じないサービスが用意されています。

消費者金融が無人契約機を用意した戦略は画期的でした。窓口でスタッフと対面して融資を依頼する気後れが軽減されたからです。しかし、無人契約機の入るテナントや雑居ビル、プレハブに入店する際に通行人から見られる恥ずかしさは依然として残りました。

現代はインターネットの普及により、オンラインで融資を依頼出来ます。査定もオンライン、入金までノータッチで完了するサービスが普通になってきました。会社や仕事場に融資希望者の在籍を確認する電話は依然として残っていますが、その電話も別にカード会社の名前を出す訳ではありません。

つまり、借金のプロセスから気後れの要素が次々と取り除かれたのです。

今では誰とも会わず、家の外にも出ないで、インターネットを通じて融資を即日で認めてもらい、自分の口座へオンラインで入金してもらえるのです。

非常に便利な時代になりました。しかし、便利さの一方で、注意も要します。あまりに簡単な手順で現金が自分の銀行口座に入金されるので、借金の癖が簡単に身に付いてしまうのです。

今までは借金の前にいくつもの心理的なバリアがあったのですが、今ではほとんど皆無ですので、よほどの注意が債務者には必要です。

インターネットで簡単に契約できる現代であえて店頭へ出向き、窓口でスタッフと対面してキャッシングの契約をする覚悟も大切なのかもしれません。ワキの下に汗をかくほど人の目が気になります。その代償として、融資してもらうお金が借金だと言う自覚が得られます。

貸金業者のスタッフから聞いた話ですが、対面で融資を依頼するお客の方が顔を見られる分信頼も増すので、限度額がアップされるケースもあるようです。店頭契約の隠れたメリットです。

大きな金額の融資を希望する方、窓口に足を運ぶメリットを考えてみて下さい。

アコム

プロミス

アイフル