QLOOKアクセス解析

キャッシング業界だけでなく、貸し金業界全体の構造とメリットとデメリットを知るべき。

自分にとって一番の借入先が分かる

借金と言う行為は、大きく二つに分類できます。

  1. 貸金業の会社に借りる
    金貸しのプロにお願いする分類です。
  2. 素人に借りる
    貸金業など金貸しのプロを通さず、友人、知人、家族、恋人など自分の交友関係の中から、個人的な取引を通じてお金を都合してもらう分類です。

後者の、個人的な信頼を通じて自分の人間関係からお金を借りる選択は辞めて下さい。いざと言う時に家族から借りる、恋人から借りる、友人から借りる選択は、貸し借りの条件も曖昧になり、返済に遅れても何とかなってしまう甘えが発生するので、借りた本人の借金体質を助長します。

リスクを背負い契約書の交換を経て、お金を貸すプロから、お金を借りましょう。

曖昧な部分が一切なくなるので、返済に関する甘えもなくなります。この心構えは非常にあなたのためになるのです。

次に、貸金業者も大きく二つに分類できます。

  1. 目的別ローン
    使途別にお金を都合する企業群です。
  2. フリーローン
    借金の利用目的は問わず、誰にでも比較的簡単な審査でお金を都合する企業群です。

前者の目的別ローンは、借金の使途が明確に定まっている場合にのみ契約が成立する借金なので、自動車を購入する目的があれば自動車の見積もり書、学資を目的にしていれば合格通知書などの書類が必要になります。審査も厳格で、保証人も必要です。融資まで時間が掛かり、手間と暇が掛かる目的別ローンですが、メリットは間違いなく金利の低さです。厳しい選考を経て条件を満たして初めて成立する契約なので、貸す側のリスクが低減する結果、金利も低くなるのです。

一方、キャッシングとも呼ばれるフリーローンは、借金の使途が限定されていないので、借りたお金を何に使っても構いません。審査も簡単で、融資までの時間も即日が普通です。保証人も要らず、アルバイトでもパートでも自営業でも、決まった収入の予定があれば融資してもらえます。

キャッシングのデメリットとして、金利の高さが指摘できます。現在はインターネットを通じた融資も可能なので極端な話、自宅から一歩も出ずに自分の銀行口座へお金を振り込んでもらえます。その利便性の代償として、非常に高い金利を請求されます。

キャッシングを契約する場合は、非常に高い金利の現実を理解してから借りてください。その現実を肝に銘じないと、キャッシングの利便性に流されて気軽に借金を重ねる借金体質が出来てしまいます。

アコム

プロミス

アイフル