QLOOKアクセス解析

繰り上げ返済を前提に考え、繰り上げ返済に便利なキャッシング会社を選ぶ。

リボルビング払いは毎月の支払額が少なく楽ではあるが、元金の減りが遅い。

返済のコツは一言、繰り上げ返済です。勘違いして欲しくない点として、この繰り上げ返済の徹底はキャッシング、フリーローンのケースに限っての話です。

ご存知の通り、ローンは大きく二種類に分けられ、一つは借金の使途が定まっている目的別ローンで、もう一方は借金の使途が自由なフリーローンです。

住宅ローンを組んだ方が徹底した繰り上げ返済を続けた結果、ローン以外の生活費などで資金が足りなくなったと言う話は、よく聞きます。

しかし、あなたがフリーローン、キャッシングの返済プランを考えているなら、何はさておき一円単位でも良いので繰り上げ返済を優先させる決意をして下さい。目的別ローンと違い、フリーローン、キャッシングは非常に金利が高いので、余剰資金が発生すれば真っ先に繰り上げ返済を行なう方が得なのです。キャッシングの金利は年利15%前後です。余剰資金を使った投資や預貯金で年利15%以上の利益を出す技はプロ級です。高利のキャッシングより有利に資産運用できないのなら、キャッシングを優先的に返した方が、確実にオトクなのです。

返済時のポイントを挙げます。

  1. 月々の返済は滞らせない。
    鉄則です。返済が遅れた分、遅延金が発生するので損をします。
  2. 金利の高い商品から繰り上げ返済する。
    複数の借り入れがある場合は、金利が高いキャッシングの繰り上げ返済を優先的に頑張ります。複数の支払いを便利にするため、借金の一本化も手としてあります。ただ、借金の一本化は現在の借り入れ商品よりも金利が高くなる可能性もあるので注意して下さい。

繰り上げ返済に制限を設けている会社もある

繰り上げ返済において大切なポイントは、繰り上げ返済を一円単位で毎日何度でも無料で受け付けてくれるキャッシング会社を選ぶ賢さにあります。早く返されては儲けが少ないので、繰り上げ返済に条件や手数料、上限を設けている会社もあります。

キャッシングを契約する際には、一円単位で毎日何度でも無料で繰り上げ返済を受け付けてくれる会社を選んで、融資を受けた後は、毎日繰り上げ返済を行なうのです。

毎日余剰資金を作れるくらいならキャッシングをしないと言う方、一日の最後に財布の小銭入れを見て、その中にある小銭を次の日に返済すれば無理はありません。繰り上げ返済の額は一円、十円の日も多くあるでしょう。しかし、キャッシングの利用残高が減っている手ごたえを感じられる毎日は気持ち良いですし、自分の人生が前に進んでいる気分になれます。

アコム

プロミス

アイフル