QLOOKアクセス解析

総量規制の影響により、カードローンの申し込みをする際には所得証明書が必要だったり、確定申告書、決算書をコピーしたものを提出しなければ、審査さえしてもらえないという事があります。

これは、年収の3分の1までしか貸してはならないというルールができたためで、しかも一社からではなく、借入している全社合計の額が3分の1という事になったためなのです。

ですから、年収の無い主婦がカードローンの申し込みができなかったり、急に借り入れができなくなったというのも、総量規制が原因になっています。

ところが、会社によって50万円までの借り入れの場合のみ、所得証明書や確定申告書の提出が不要となっている会社もあり、時間も手間も掛けたくないという人にはお勧めです。

といってはいますが、実は50万円までの借り入れの場合、所得証明書が不要なのが、「キャッシュワン」です!(他社借り入れの合計額が100万円未満の場合となっています)

そんな「キャッシュワン」とは、いったいどんなカードローンなのか、一緒に見ていく事にしましょう!

所得証明書の提出不要枠があるからこそ人気があつまる「キャッシュワン」

総量規制が開始されてから、カードローンの申し込みをする時には所得証明書や確定申告書の提出が必要になり、その分手間がかかるようになってしまいました。

もちろん、「キャッシュワン」の申し込みの場合、基本的には必要とされていますが、50万円以下の申し込みの場合には所得証明書などの収入を証明する書類の提出が不要です。

実は、これってすごく重要なポイントにもなりますし、知っているよ!という人は「キャッシュワン」に申し込みをし、実際に融資を受けてているはずですよ!

ネットで24時間申込みができるから忙しくても大丈夫!

各家庭に1台はパソコンンがある時代になり、たくさんの人がネットを利用するようになったため、金融機関においてもネットによる多くのサービスを行うようになりました。

そのため、今までは電話や店頭に訪問するなど、営業時間内のみでの申込みや問い合わせができなかったものが、24時間いつでも申し込みや問い合わせができるようになりました。

「キャッシュワン」でも、ネットであれば24時間いつでも申し込み・問合せができ、審査結果などもメールで届くようになっていますので、申し込みから審査までをネットで完結できます。

しかも、書類はFAXで送信することで、その日の内に融資を受ける事ができるという点も魅力的ですよね!

その日の内に審査ができる「キャッシュワン」

「大手の審査は厳しい」という噂を聞いたことがある人はいませんか?特に総量規制によってより厳しくなっていると・・・。

会社で大きな金額の融資を受ける場合には、株価の下落などによる景気の悪化により、融資が厳しくなっているというのもうなづけますが、個人で借りる場合にはどうでしょう?

もちろん、不景気により個人ローンの融資基準も厳しくはなっていますし、そこへさらに総量規制の影響が全くないわけではありません。

だからこそ、融資が可能、不可能の回答が早いというのは非常に大切で、時間が掛かったのに融資が受けられないでは意味がありません。

そのてん「キャッシュワン」であれば、その日に回答がくるので、借り入れできる場合でも、他社に申し込みを再度する場合にも即断できるというメリットがあります。

アコム

プロミス

アイフル